建設会社とはどういうものか

main-img

建設会社は土木や建築工事の完成を請け負う業者のことを指します。



建設業においては施主が発注し建設業者が請負契約を締結してこれを請け負うことになりますが、内容は常にプレハブハウスのような企画型ではなく毎回の単品生産であるという特徴を持っています。



建設業は多分に自然の条件の影響を受けるために、地盤が悪ければ改良工事を行ったり、土砂の崩落を招かないように鋼鈑の矢板を用いたり、杭を打って支持力を得てから構造体を支える、あるいは斜面のある土地の場合には切土や盛土を行ったり、擁壁を築いたりして自然災害に対しても十分な対策を取ることが要求されます。



宅地開発の許可申請を行った上で分譲住宅や建売住宅を建てたり、個別にそれらを販売までする場合には不動産業の免許を取得することも必要となって来ます。



建設会社は最初は大工の棟梁などが中心となって住宅工事等を請け負い、工務店として出発する場合も多くあるとされています。
構造や規模にも制限がかかり、建築士の免許が必要になる場合も出て来ます。


営業職などの社員を雇い、社長以外に設計の部署も設けると名前から建設会社と呼ばれることもあります。



さらに建築に限らず土木工事も一式請け負う場合には総合建設業、一般に言われるゼネコンと呼ばれるようになります。



設計も会社内部で行いまさに総合建設業者となるわけです。


国内では明治時代以前から続く会社も存在し、海外においても工事を受注する例も見られ、これらはスーパーゼネコンとも呼ばれています。
家を買うときには、一戸建てとマンション、注文建築と建売分譲がありますが、マンションは壁紙の色や間仕切の位置などを変更するセミオーダーはできても、一から設計して注文することはできません。


その為、土地選びから建物の形など、すべてを自分で決められる注文建築は一戸建てに限定されます。


注文住宅は、著名な建築家などに設計を依頼して建設会社に施工をしてもらう場合もありますが、建設会社に注文すると、設計のプロが相談に乗ってくれるので、打ち合わせをしながらイメージを具体化していきます。そのため、建設会社には、営業担当者と設計担当者が、自分とイメージを共有できること、設計したイメージ通りに施工する建設の技術力の二つが求められます。同じように、過去にその建設会社を利用してきた施主さんたちも、その設計の共感した人たちなので、建設会社を選ぶときは、過去の施工物件を見るのが有効です。

モデルルームや施工事例を紹介している場合や、気になった物件の施工会社を調べてみることでわかることもあります。
せっかく一からこだわって注文建築をするのなら、建設の過程でストレスなく楽しめるパートナーを選びましょう。



そのためには、時には人気が高くて施工時期を待つ必要がある場合もありますが、注文建築の場合、引き渡しを受けるまでの間、先に土地を購入して、一方で現在住んでいる家の家賃も必要です。



設計担当者、営業担当者、ローンを利用する場合は金融機関ともタイムスケジュールを確認しておくと安心です。

関連リンク

subpage01

知り合いの働く建設会社で契約する場合

住宅を建設する時には、建設会社に依頼をして建ててもらうようになります。自分の暮らしている地域にもいくつかの建設会社があるはずですので、その中から選んでいく事になるでしょう。...

more
subpage02

家を建てる際の建設会社の選び方とは

マイホームの購入というのは、多くの人にとって人生で一番に高額な買い物となります。だからこそ、後悔しない様に慎重にマイホーム選びをする必要があるのです。...

more